群馬県出身。幼い頃から歌うのが大好きで「フジテレビ 君こそスターだ!」 
「家族そろって歌合戦」 「群馬テレビカラオケ大賞」に出演して優勝する。

「日本テレビ音楽学院」「代々木ミューズ音楽学院ジャズピアノ科」を修了後、渡米。ニューヨークで出会ったジャズに新たな感動を受け、本格的にヴォーカルを学ぶことを決意。

帰国後、ジャズヴォーカルを故峰純子女史に師事、ボイストレーニングを財満光子女史、Sweet・Bady J'alに師事、「ブレスボイス」呼吸法を本格的に受ける。また、ジャズピアノを吉田賢一氏に師事。地元でコンサート、ライブ活動を始める。

1994年に上京、首都圏を中心に活動を開始する。国内はもとより海外のミュージシャンとも多数共演。

1996年ツムラジャズヴォーカル賞「新人賞」にノミネートされる。

2001年よりバイソン片山トリオのヴォーカリストとして活動を始める。

2002年、2003年バイソン片山トリオ東北ツアーに参加。同年3月には、東京都調布市主催「くすのきホール/Do世界の平和、わが町調布から(ジャズは平和を奏でる)」にバイソンバンドと共に出演し好評を博した。この模様はFM多摩、CATV等で放送された。

また2002年にはオリジナルCD「夢のシンフォニー」の作詩をする。

2002年、2003年新宿京王プラザホテルにて「鞠沙樹里クリスマスディナーショー/ジャズで奏でる夢のきらめき」を開催、好評を博す。

2003年10月、ポリスターレコード(ジャズバンク)よりファーストアルバムCD「Like You/Juli Malisa」を発売。これは1998年ロサンゼルスにてベースの巨匠レイブラウンとレコーディングしたもので、レイブラウンが日本ツアー中に偶然、耳にしたその才能に惚れ込みデビュー作をサポート。まさにジャズ界のシンデレラ・ガールである。全曲レイブラウンがアレンジし音楽監督をつとめた。はからずもの彼の遺作となり話題を呼んでいる。

2004年12月に芝パークホテル「バーザ フィフティーン」にて鞠沙樹里&バイソン片山クリスマスディナーショーを開催、毎年の恒例となっている。

2005年愛・地球万博「サマーナイトフェスタ」にバイソン片山トリオと共に出演好評を博す。

2007年8月1日、日本語のオリジナルCD「ボサノバに泣いている」、自らの作詞で「潮風に抱かれて」を発売。NHK-FM 「インディーズ・ファイル2007」にてオンエア。

2007年9月より全国有線放送リクエスト、Music.jpより着うた配信中。心の思いを響かせた暖かみのあるストレートな歌声のボサノバ集である。

現在、首都圏のホテル、ライブハウス、コンサート、ディナーショー等に出演、弾き語りでも活躍中。 また社会奉仕事業団の援助活動を通じて世界に未来を届けている。

これからのジャズ界において期待される実力派シンガーである。